大人として間違いのない服装を心掛ける!結婚式のドレスマナー

ドレス選びは新郎新婦の顔を立てるためにも大切

大切な友人や親戚の結婚式に招かれた場合、まずは礼儀を守ったドレスを購入する必要があります。結婚式には新郎新婦の親戚や会社関係者も出席していますので、そうした席にゲストが失礼な服装で出向いては新郎新婦の面目を潰してしまいます。世間一般で守られている結婚式のマナーを知った上で、ドレスを選びましょう。一時期に結婚式が数回重なった場合、レンタルショップを使って新しいドレスを借りるのも良いでしょう。同じ服を着まわすよりもマナーに適っています。

喜ばしい席に見合う服装を考える

結婚式に出席する際のドレスを決める場合、「場」の性質をよく考慮するようにしましょう。結婚式とは何よりもおめでたい場所ですから、死や離縁を連想させるようなドレスは避けるべきです。例えば、ツーピースに分かれているドレスは縁起が悪いとされ、避けるのが一般的です。他にもお葬式を連想させる黒のドレスを着用する場合、明るい色のボレロや小物を使って、黒一色にならないようにしましょう。「殺生」を連想させる動物の毛皮もご法度です。

花嫁に配慮したドレス選びが必要

ゲストが結婚式に出席する際、絶対に守らなくてはならないルールがあります。それは、花嫁衣裳と被る「白」のドレスを着用しない事です。一方、花嫁が何度かお色直しをしてその際カラードレスを着用する場合、事前にウェディングドレスの色を確認しておくと良いでしょう。それによって完璧に花嫁との被りを防ぐ事ができます。同様に花嫁と一緒に写真を撮影した場合、ベージュのドレスは写り方によって白に見える事がありますので注意が必要です。

結婚式場を神奈川で予定しているならば、まずはブライダルフェアに参加しましょう。二人で訪れて、納得できるまでチェックすることが大切です。

Category: 未分類

- 2015年7月5日