住宅のインテリアにはハワイアンキルトが似合う

住宅のインテリアが大事な理由

住宅の中で重要なものはエクステリアの第一印象と言われています。例えば来客が来た場合、その家の外が散らかっていたり、壁がひび割れていたり、庭に雑草が生えてお化け屋敷のようになっていれば第一印象が悪くなり、そこに住んでいる人の評価が決まってしまうことがあるのです。「この人はいい加減そうだ」などといった評価が与えられるのです。一方で、インテリアについては住む人が一番見るところですので、ハワイアンキルトなどを使ってエクステリア以上に力を入れている人もいますね。

ハワイアンキルトとは

家のインテリアはエクステリアよりもインパクトは薄いですが、当然どちらもきれいに見せることが大事になるのです。インテリアをきれいに明るく魅せる方法として、ハワイアンキルトを購入してソファーなどにクッションとして置いておく家庭もありますね。ハワイアンキルトはその色の配色から明るいイメージがありますね。家のインテリアを明るく演出しようとするにはとても良い生地ではないかと思います。クッションだけでなくその生地を壁に貼り付けておくだけでもイメージはグーンとアップしますね。

意外と難しいハワイアンキルトの配色

ハワイアンキルトを部屋に使うことで、その部屋は明るくなることは間違いありませんが、何分主張の強い色や柄ですね。主張の強い色や柄の場合、部屋の壁紙の模様との色合いの調和も大事になります。もともとの家の造りがハワイアンな場合であれば何ら問題ありませんが、賃貸マンションやアパート、普通の建売住宅の場合は、洋室にうまくなじませるという方法が一番見栄えのする取り入れ方だと思います。リビングの隣に和室がある場合は、リビングにハワイアンキルト生地を使ったソファーなどを置いておく際は調和が重要になります。

大きな布を折りたたみ、それを切って広げたものがハワイアンキルトの主なデザインになります。モチーフは多々ありますが、花や植物のモチーフのイメージが強いです。

Category: 未分類

- 2015年7月9日