披露宴をする際の演出や式次第などについて

披露宴を行う際に招待する範囲は

披露宴を行う場合には一般的に親族や職場の同僚に親しい友人などを招待することが通例ですが、現在では規模の小さな披露宴を行う方も多いので少人数形式で行う場合にはごく親しい親族や友人のみを招待する場合もあります。招待する人については新郎新婦の自由ですから日頃お世話になっているかたや、交流の深い方に招待状を送ることにしましょう。招待状を送る際には披露宴への出席を強いるような内容ではなくできるだけ失礼の無いように書きましょう。

披露宴の演出について

披露宴の演出では様々な方法がありますが、一般的によく使われるのがプロフィールビデオや友人代表のスピーチなどです。プロフィールビデオは新郎新婦の生い立ちや馴れ初めなどをまとめたものを会場内で上映することになります。また友人代表のスピーチは仲の良い友人や長年付き合いのある友人に頼むケースが多くなっています。これ以外にも新郎新婦が歌を歌ったり披露宴に参加したひとが余興を披露するなど様々な演出方法があります。

披露宴の内容を第三者に考えてもらいたい時には

披露宴の演出や式次第などを第三者に考案してもらいたいときには実際に結婚式を上げる会場のウエディングプランナーなどに相談するとよいでしょう。プランナーに依頼すると話し合いをすすめながら式次第に演出も考えてくれるので、夫婦にとってベストな演出の方法が必ず見つかります。披露宴の内容は親族や新郎新婦で話し合いをしながら決めるという方も多くいますのでそれぞれの好きな方法で披露宴の内容について考えてみましょう。

六本木で披露宴はこだわりの料理や最高の記念になる演出など細かい部分までスタッフが要望に応えてくれます。

Category: 未分類

- 2015年7月9日